キャンC通販

キャンCは医者では無理な治療も可能かも

キャンCはペットと人間共用で使える点眼薬です。もちろんペットの白内障にも大変効果があるのですが、実は人間にも大変効果があると話題になっています。
白内障と言うのはいわゆる目の老化で起こる眼の障害の様なものです。物がかすむ。重なる。特に今の人達はスマホやパソコンが手放せません。白内障になるリスクも高い医です。ただ、白内障は医者に行けば進行を食い止めることや、緩和するということは可能ですが劇的に良くなる。と言う効果はあまり報告されていません。老化なんだから仕方ない。という医者の考え方なのでしょうか。
でもキャンCは正しく使えば劇的に眼の状態が良くなります。ただこれも正しい使い方をすればの話です。正しい使い方はと言うと
1.適量を入れる。たくさん眼に入れても流れてしまえば意味がありません。
2.まばたきをしない。ちょっときついでしょうが瞬きはしない様にとのことです。上を向いた状態で目薬が浸透するのを待ちましょう。時間的には個人差はありますが約1分で大丈夫です。歌をワンコーラス歌うくらいの時間でしょうか。時計が見れないのでカウントするならばこの方法もお勧めかと思います。
3.キャップは清潔な状態で。やはりキャップに雑菌がついていると薬にも雑菌がつきます。目薬を使うたびにキャップはティッシュで拭いて、立てておかずに横に置いてほしいとありました。出来ればティッシュでカバーをかけると埃も防げます。そして目薬を差す前は手を洗う。これはもう常識です。
まとめ
色々書きましたが、キャンCは非常に良い眼薬なだけに非常にデリケートです。ただ保管方法をきちんとして目薬を差す量をまもれば半年後ぐらいから良くなっていくものと思われます。ペット用と言う言葉が注目されがちですが人間にもいいんです。ペットと一緒に眼のケアはいかがでしょうか。