テグレトールの効果や副作用のご案内

テグレトールは抗てんかん薬として有名な内服薬で、有効成分はカルバマゼピンです。
テグレトールはてんかんの患者さんには発作を抑えるために処方されますが、その他に躁うつ病(双極性障害)の患者さんの躁状態を抑えるためにも処方されています。
また、三叉神経痛の患者さんの発作を抑える目的でも使われている薬です。

テグレトールには脳神経の興奮を鎮めたり、激しい興奮状態を鎮めて気分を落ち着かせる効果があるとされています。
テグレトールの服用方法は、治療する目的がてんかん、躁状態、三叉神経痛のどれであるのかによって異なりますし、患者さんの年齢や状態によって服用量が変わってくるため、通院している病院で説明を受けた通りに使用するのが大切です。

テグレトールは処方が開始された時には少量を渡されることが多いですが、効果が出ているか、副作用はひどくないかといった点を観察してから、症状に合わせて増量されることがあります。
てんかんの患者さんの場合は発作を予防するために飲む薬なので、飲み忘れると発作が起こる危険性があり、規則正しく飲み続けることが重要になります。
自分の判断で勝手に薬をやめると、続けて発作が起こるなどの危険な状態になることもあるため、地道に服薬を続けましょう。

なお、テグレトールを服用する時には、グレープフルーツジュースで飲んではいけないという決まりがあるので注意しましょう。
それは、グレープフルーツジュースとこの薬を同時にとることによって薬の作用が強まる恐れがあるからです。
他にも、セントジョーンズワートが含まれる健康食品と一緒にテグレトールを飲むと、薬の作用が弱くなる場合があるので、やめましょう。

それ以外にテグレトールを服用している時に注意すべきことは、眠気や注意力の低下が副作用として出る場合があることから、車の運転や危険を伴う機械の操作はしてはいけないということが挙げられます。