アカルボースの効果や通販のご案内

アカルボースの効果や注意点について

アカルボースとは、糖尿病における食後高血糖の改善に用いられる処方箋医薬品の有効成分で、α-グルコシダーゼ阻害薬に分類されます。

α-グルコシダーゼは、二糖類(ブドウ糖等の単糖類が2つ結合したもの)を分解し、単糖類を生じる過程に関わっています。アカルボースは小腸においてこの働きを邪魔することで、糖質の分解を遅らせます。その結果、小腸の中でブドウ糖がゆっくりと増えるようになり、急激な血糖値(血液中のブドウ糖の量)の上昇を抑えられます。

副作用として、おならの増加や腹部の張り、腹痛が起こることがあります。上記の働きで分解されずにいる糖の量が増え、それが大腸に送られると、腸内細菌に分解されてガスが発生することが原因です。

糖尿病治療薬には、血糖値を下げすぎて低血糖発作を起こしうるものがありますが、アカルボース自体にはその心配はありません。
しかし他の糖尿病の薬と併用する場合は注意が必要です。
アカルボースの服用中に、併用薬による低血糖が生じた時は、砂糖等ではなくブドウ糖を摂取する必要があります。他の糖分を摂取しても分解が遅れ、速やかにブドウ糖が補給できず、本来必要な血糖値の上昇も遅れてしまうからです。